読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レベルE読んだ

ハンターハンター幽遊白書を描いた冨樫 義博さんの漫画。

3冊しかなくて、内容は地球には沢山の宇宙人が来ており、ドグラ星の王子が地球にやってくることから始まる。 この王子が天才的な頭脳の持ち主なんだが、人を困らせることに全力を使っており周りの人を巻き込んで毎回トラブルを起こす。

この漫画はハンターハンターに繋がるものがあるなぁと思う。 RPGツクールを惑星単位で作ったいたずらは、ハンターハンターのグリードアイランドのようだし、マクバク族はどことなく蟻編のようにも思う。 こういう世界観が好きなんだなぁと思った。

1冊読んで続きは明日読もうと思ったけど、読み出したら3冊読んでしまって困った。 10年以上前に読んだことあったけど、もう一度読むと、あぁ、こういう意味だったんだ。とか、あーこれ、こうなのか。というのがあり、よく考えられてるな。ホントおもしろい漫画かくなーこの人と思うなどした。

ちなみに、レベルEの由来は同時作者がみていた LEVEL 4 というエイリアン映画と、エイリアン(aliean)のスペルが E から始まると勘違いして、つなげて レベルE となったそうな。

なんか、ちと漫画集めが楽しくなってきたので、しばらく漫画買いそう。