fuelphpインストール

$ suso mkdir /var/www/example.com
$ cd /var/www/example.com
$ sudo chown apache:wheel .
$ sudo chmod g+w .
$ curl get.fuelphp.com/oil | shls
$ oil create myproject
$ cd myproject
$ oil refine install
$ php composer.phar update
$ sudo vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
<VirtualHost *>
    SetEnv FUEL_ENV development
    ServerName    example.com
    DocumentRoot  /var/www/example.com/myproject/public

    RewriteEngine On
    RewriteLogLevel 0
    RewriteLog /var/log/httpd/rewrite_log

    <LocationMatch "/\.ht.*">
        deny from all
    </LocationMatch>
    <Directory "/var/www/example.com">
        AllowOverride All
    </Directory>
</VirtualHost>
$ sudo service httpd restart

ブラウザで http://example.com にアクセス

$ vim fuel/app/config/config.php
 'language'           => 'ja',
 'locale'             => 'ja_JP.UTF-8',
 'default_timezone'   => 'Asia/Tokyo',
 'log_threshold'    => Fuel::L_ALL,
 'token_salt'            => 'abcdefghIjklmnOpqrstuVwxyZ/1234567890',

$ vim public/index.php
error_reporting(-1);
ini_set('display_errors', 1);
if (isset($_SERVER['FUEL_ENV']) && $_SERVER['FUEL_ENV'] === 'production') {
    ini_set('display_errors', 0);
}

参考

http://fuelphp.jp/docs/1.8/installation/instructions.html http://qiita.com/saltyshiomix/items/4dcf99b59dee4e0db93d

星野源の曲かった

amazon デジタルミュージックで買った。1曲250円だった。よい。

昔から星野源を好きな人は最近の曲は売れることを意識して作っているっていってた。 僕はポップな曲がすきなので、むしろいい流れなんだけど。その人は寂しい面もあるような様子だった。


星野 源 - 時よ 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】


星野 源 - 地獄でなぜ悪い 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】


星野 源 - ギャグ 【Special Music Video】


星野 源 - Crazy Crazy/桜の森 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】


星野 源 - SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】


星野 源 - 夢の外へ 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】


星野 源 - 化物 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】


星野 源 - Week End 【Live from “YELLOW VOYAGE”】

近所のおじさんと偶然あった

ご飯を食べるために駅に向かっててくてく歩いていると、向こうからとなりのおじさんが歩いてきた。 奥さんが足を痛めているために、買い物や身の回りのことを全部おじさんがしているらしく、今日は買い物の帰りということだった。 笑顔がすてきなおじさんだ。おじさんといいつつ、60後半か70くらいのおじいちゃんだけど。

僕が夜更かししてたりするのを知っているので、会うと健康に気をつけるようにと心配してくれる。ありがたい。 昔先生してたらしいので、そういうの特に言わずにいられないのかなと思うけど、そういってくれる人がいるのはありがたいなと思う。僕は地元から離れて東京に来ているので、そういう心配をしてくれる人ってあんまりいないんだよな。

ホントやさしそうなおじさんで、夫婦仲もよくてまじ羨ましいと思うなどしました。

All You Need Is Kill 読んだ

ヒカルの碁デスノートを書いている小畑健さんが描いている漫画。 絵が好み。

架空の未来の世界で、レベルEのように宇宙人が地球に飛来してくるのは同じなんだけど、All You Need Is Kill の宇宙人は、まりもが腐って大きくなってトゲトゲがついて何か硬そうになったような、変な丸いやつが地球を侵略しにくる話。 主人公はその侵略者から地球を守る軍に入っていて、侵略者と戦って初戦で死んでしまう。けれど、なぜか死んだら戦争の前の日に生き返って戻ってしまう。

そこからなんやかんやあって、謎がとけてかわいい女の子と一緒に戦って、あ、つらいなこの運命みたいな感じだった。泣いた。 よく考えられているなと思いました。

日記おわり。

All You Need Is Kill 2 (ジャンプコミックス)

All You Need Is Kill 2 (ジャンプコミックス)

これは、本の色にも意味があって、Kindleでは分からないんじゃないかな。と思うなどしました。 やっぱり、集めるなら単行本だなぁと思うなどした今日このごろ。

レベルE読んだ

ハンターハンター幽遊白書を描いた冨樫 義博さんの漫画。

3冊しかなくて、内容は地球には沢山の宇宙人が来ており、ドグラ星の王子が地球にやってくることから始まる。 この王子が天才的な頭脳の持ち主なんだが、人を困らせることに全力を使っており周りの人を巻き込んで毎回トラブルを起こす。

この漫画はハンターハンターに繋がるものがあるなぁと思う。 RPGツクールを惑星単位で作ったいたずらは、ハンターハンターのグリードアイランドのようだし、マクバク族はどことなく蟻編のようにも思う。 こういう世界観が好きなんだなぁと思った。

1冊読んで続きは明日読もうと思ったけど、読み出したら3冊読んでしまって困った。 10年以上前に読んだことあったけど、もう一度読むと、あぁ、こういう意味だったんだ。とか、あーこれ、こうなのか。というのがあり、よく考えられてるな。ホントおもしろい漫画かくなーこの人と思うなどした。

ちなみに、レベルEの由来は同時作者がみていた LEVEL 4 というエイリアン映画と、エイリアン(aliean)のスペルが E から始まると勘違いして、つなげて レベルE となったそうな。

なんか、ちと漫画集めが楽しくなってきたので、しばらく漫画買いそう。

近所の人と話し込んだ

僕の住んでるアパートは、敷地内に大家さんの実家?があり、そこには老夫婦が住んでいる。 何本かみかんの木が植わっていて(僕の部屋は2階で大家さんの庭がよく見える)、それがどうしても気になっていた。

今日でかけた帰りに、そこのおじさんが庭の手入れをしていたので「大きなみかんの木ですね」から話しかけてみた。 そうしたら、結構話が弾んで庭に招き入れてもらって、奥さんや飼っている猫(13歳)、よくくる野良猫(2歳)を紹介していただいた。

おじさんはとある大企業でエンジニアをしていたらしく、本や話では聞いたことあるけど見たことも触った事もないパンチカードのコンピュータを扱ったり、プログラムをしていたそうな。 僕もプログラムをしているので、結構話があった。コンピュータについては時代が違いすぎてある意味噛み合わなかったけれど、、

今度大きな庭作業するときは手伝うことになったので、ちと楽しみ。